教育アニメーション

みんながHAPPYになる方法

悪役を倒さないヒーローが

いたとしたら?

 
悪役を倒さないヒーローがいたとしたら?
君は彼をヒーローと呼ばないだろうか。

そうとは限らない。

本当のヒーローは、悪役が本当に「悪い」のかどうかを考え直す人なのかもしれない。

そして「悪役」と、対話を通じて争いを解決するヒーローなんかがいたら、

もしかすると世界が平和になるのかもしれない。

コミュニケーション学習用DVD教材
「みんながHAPPYになる方法」とは?

『鬼退治したくない桃太郎』をはじめとするアニメ3話を収録。

難解な平和学理論をわかりやすく解説し、日常生活における個人間の仲たがい・いじめから集団および国家間紛争解決へのヒントまでを提供する“映像”教材です。

小中高のアクティブ・ラーニングから大学講義まで、幅広くご利用いただいています。

こんな方におすすめ

  • 日常生活で、つい人と争ってしまう方

  • ケンカ・対立・いじめをしないためのコミュニケーションスキルを身に着けたい方

  • 戦争・紛争を防ぎ、なくすにはどうすればよいかを建設的に考えたい方

特に教員の方では下記の方が対象です

  • アクティブ・ラーニング用教材をお探しの、小中高生をご担当されている方

  • 大学で平和学、コミュニケーションなどを受けもつ方

  • ヨハン・ガルトゥング理論・平和学における概念の、わかりやすい解説をお求めの方

  • 構造的暴力や積極的平和の概念など、包括的平和教育にご関心の高い方

  • ワークショップにつかえる、平和教育用の教材をお探しの方

  • 英語の映像教材、英語劇ができる教材をお探しの方。英語吹き替え版もあります。 詳細はこちら

解説書には、各理論の説明と授業、ワークショップ案、シナリオがあります。
(「ジョニー&パーシー」のワークショップ案2つ)

 
平和教育アニメーション

みんながHAPPYになる方法

 

作品から学べること

「ジョニー&パーシー」はコミュニケーション手法(私メッセージ)

「鬼退治したくない桃太郎」は対立解決法(ホーポノポノ)

「Happyになる5つの方法」からは平和学者ヨハン・ガルトゥングの提唱した

紛争解決法(トランセンド法)を学ぶことができます。

1  私メッセージ

紛争時の話し合いにおいて、他人を批判しがちなコミュニケーションではなく、「私」を主語に自分の気持ちを伝え、お互いの気持ちを理解し合い、対立が激化しないようなコミュニケーション方法。アニメのなかでは、相手の話しを傾聴する際の注意点も提示。ペンギンとアザラシが餌を取り合う場面設定で、対立構造を表現しています。

2  ホオポノポノ(ホーポノポノ)

ハワイに伝わる対立解決手法。ホーポノポノと呼ばれる、集団での話し合いを指します。昔話のなかでは、勇ましく鬼退治をする桃太郎。ところがこのアニメでは、「鬼退治したくない」という非暴力の立場で村人と鬼の話し合いをファシリテーションします。暴力を暴力で抑えるのではなく、暴力が起こらないような方法をみんなで考え、実践しようという提案でもあります。一見解決不可能に思える紛争に対して、話し合いが有効となるという気付きと、建設的な話し合い手法を会得する教育効果を期待します。

3  トランセンド法

1941年から3度の戦争を引き起こしたペルー・エクアドル国境紛争において解決提案を行うなど、これまでに100以上の国家間、宗教間紛争を調停した経験を持つ平和学者ヨハン・ガルトゥング。ガルトゥングが紛争当事者との対話、議論の経験から編み出した、紛争を転換するトランセンド法(Transcend Method)をご紹介します。アニメのなかでは、“発表会の劇を二つのうちどちらにするか”という二分論の議論を、多数決から「トランセンド」します。個人・集団・国家へと汎用されると説かれるガルトゥングの理論を、小中学生にも身近なホームルームでの話し合いを舞台に具体化しながら、理解していただけるようになっています。

作品は各1,980円(税別)です。解説本をお求めの方はこちらへお問い合わせください。

英語吹き替え版もございます。英語学習用教材としても

​ぜひご活用ください。

 
 
 
Johnny and percy
Five ways to be happy
ビープロダクション

株式会社 Be-Production

​ビープロダクション

〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-4

TEL 03-6273-1666

© Be-production Inc.