主な作品(アクティブラーニングにぴったりの教材です)

新作

平和学の父 ヨハン・ガルトゥングの平和理論のアニメ

『クリスマスのオフィスにて

クリスマスの夜。会社で上司に怒られる部下。サンタは不思議なスマホを用いて、職場にある「直接的暴力・構造的暴力・文化的暴力」について説明する。ガルトゥング平和学の入門編。(10分)

3つの暴力~見える暴力 見えない暴力』

『オレンジの木の下で

消極的平和・積極的平和』

隣りのガルン国との戦争に突き進むオラン国。ガルン爺とオラン婆がガルトゥング平和理論の「消極的平和」「積極的平和」を説明。平和学の入門編として最適ですが、2003年に深化した「積極的平和」の定義を確認したい研究者にもお勧めです。(9分)

この2本は、一部、クラウドファンディングで制作しました。クラウドファンディングの様子は右のボタンをクリックしてください

不動の1番人気 平和学・紛争解決学のスキル 3話アニメーション

みんながHAPPYになる方法

<日本語><英語吹き替え版>

1話「ジョニー&パーシー」を通じてコミュニケーション手法(私メッセージ)、2話「鬼退治したくない桃太郎」では対立解決法(ホーポノポノ)、3話の「Happyになる5つの方法」では平和学者ヨハン・ガルトゥングの提唱した紛争解決法(トランセンド法)を学びます。

ジョニー&パーシー

鬼退治したくない桃太郎

Happyになる5つの方法

介護現場での
「クレーム」の深刻化を防ぐ

ある日のケアホームズむささび
「笑顔を取り戻す介護メディエーション」

介護現場でのもめ事に対して、ホームはどのように対応をすればよいのか、どのように話し合いを進めればよいのか。日常の「クレーム」を、「より大きな事件(訴訟など)」にしないためにはどうしたらよいのか。

アニメ、シナリオ、配布資料
教材無料ダウンロード

インデ島へようこそ

<日本語><英語吹き替え版>

「インデ島へようこそ」は、植民地支配の中の、支配・被支配の構造と暴力、様々な立場の不満、悲しみ、要求を感じ、その先にある平和的な共生を考えてもらうことを目的として作られています。
ストーリー:インデ島という架空の島を舞台にした、先住民であるインデ人、植民者・支配者であるコロナ人の物語で、現在進行形の油田をめぐる対立で終わるように描かれています。

News

・平和学の父、ヨハン・ガルトゥングに日本で唯一アニメ化の許可をもらったトランセンド研究会監修のアニメ、完成しました。

7/1/2017

日本平和学会の平和教育プロジェクトチーム作成の「インデ島へようこそ」(約10分・日本語/英語)を無料配信中。
 (シナリオ、ワークショップで使用できるアニメ概要、役割分担表の日本語・英語も配信します)

1/30/2017

・「みんながHAPPYになる方法」の英語吹き替え版を作成しました。

Please reload

Be-production

株式会社 Be-Production​(ビープロダクション)

〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-4

TEL 03-6273-1666

©︎2016 Beproduction .Inc